司法書士の転職するタイミング2019/08/21

この記事では、司法書士の転職するタイミングについて紹介します。

 

司法書士の求人はニッチな分野ということもあり、就職先を見つけるのが難しいケースもあります。当然ながら、転職先を探すのも容易ではありません。そのため、司法書士が転職する場合は、タイミングを十分気をつけなければならないのです。そこで、ここからは司法書士が転職するタイミングについて解説していきます。

 

転職するべきタイミングとは?

司法書士は、どんなタイミングで転職するべきなのでしょうか?まず考えられるのが、現在の司法書士事務所でのキャリアアップが難しいケースです。

年齢が上がるとともに、肩書きが欲しくなる人もいるでしょう。

しかし、小さな規模の司法書士事務所の場合、昇進が難しいことは珍しくありません。また、大きな司法書士事務所の場合でも、年齢が高い世代が社内に残っている場合、下の世代が昇進するのは難しくなります。

このような場合は、転職するタイミングのひとつと言えるでしょう。キャリアアップは働く上での大きなモチベーションになります。それが望めない場合は、転職を考えてみてはいかがでしょうか?

 

転職による収入の増加を目指せるのか?

また、転職するタイミングとして優先順位が高いのは、収入面の問題です。

一定の年齢に達すれば、結婚や養育なども視野に入るため、収入を増加させることが大切になります。

しかし、同じ司法書士事務所にいると、なかなか収入が上がらないことも多いです。そんな時に転職することで、現在の給料よりもいい待遇で迎えてもらえることも珍しくありません。

転職による収入の増加は、往々にして発生します。そのため、収入の増加を目指しているのであれば、転職のタイミングと考えてもいいでしょう。

 

年齢や社会人経験の有無で転職のしやすさは変わるのか?

では、転職のしやすさは年齢や社会人経験の有無で変わるのでしょうか?

多くの司法書士事務所では、年齢制限を設けたいと考えています。

事務所の将来を見据えると、やはり20代の採用を優先することが多いですが、総合的な評価により40代の人でも転職できるケースも少なくありません。

人柄や熱意、実務経験が評価されていれば、採用されることもあります。社会人経験の有無は、転職で大きなアドバンテージにはなりませんが、多少の影響はあるでしょう。

社会人経験がないからといって、不採用に直結するわけではありません。

転職であれば必ず社会人経験はあるため、新しい司法書士事務所で働く熱意を伝えることで採用の確率が上がるでしょう。

PAGE TOP ▲